古琴どう練習したらいい?

ただ楽しく弾いていればいい。それはわかっている。つっかえようが、下手くそだろうが、弾くことに没頭できて、弾いたあと「ああ、弾いてよかった」と思えたら、それでいい。(あと、楽器と曲、先人たちへの敬意を忘れずに!)

でも、時々思う。もう少し、ほんの少しでいいから「いい音」で弾きたい、「ああ、気持ちがいいと感じられる音」で弾きたいと。たとえ独習でも、一音一音ていねいに練習ことで、それに近づくことができるのだろうか?

実は昨日は古琴の『广陵散』の練習を休んでみた。以前は一日休むともうボロボロだった。今はどうか?……そのための「実験」だった。今、一度通して弾いてみた。前半と後半の最後の最後で、頭が真白になって、楽譜を見た。

でも、それ以外は意外にも覚えていて、これなら、通し練習は一日おきで、部分練習をその間にはさむという方法でいけるかもしれないと思った。これまでは忘れるのがこわくて、毎日通し練習していた。そして、その30分で疲れ切って、部分練習をほとんどしていない。

これからは、もっと部分練習に力を入れようと思う。それから基礎練習。正調以外に調律していると教則本にある基礎練習ができない。そこをなんとかできないか?! その調律のまま弾ける曲で、一番基本的な曲をていねいに弾くというのはどうだろう?

いろいろ暗中模索の続く古琴独習の道。楽しくてたまらない♪

【動画付き】折り紙ドールハウス洋服ダンス

折り紙ドールハウスの家具シリーズ動画、最近ネタ切れで投稿が途絶えがち。洋服ダンスの引き出し部分が意外に簡単に作れたから、「よしっ! 作り方を忘れないうちに記録動画を撮っておこう」と思ったのはいいけれど、途中で作り方を間違えたり、糊を使う作り方と使わない作り方がごちゃ混ぜになったり、かなりわかりにくい動画になってしまった。

結局、1時間近くの動画を「編集」するのに2日間、計7時間くらいかかってしまった。もし観てくださる人があったら、「わかりにくい!」と思われるに違いないけれど、文系シニア女子、これが限度! 温かい目で観ていただけたらありがたい……。

 

【動画付き】折り紙で洗面台

久しぶりに折り紙動画をアップロードした。「撮影・編集」にとても時間がかかったけれど、そのわりに「できが悪い」。

というのも、そもそも作り方が複雑で、はじめに折り筋をつけなければいけないし、糊も必要。三回も撮り直した。そのわりに……。

なぜこんな「できの悪い」動画を公開したかというと、「折り紙で自分の家を再現するプロジェクト」の締めくくりとして、浴室・洗面所・トイレがどうしても必要だったから。浴槽とトイレはインターネットで作り方を見つけたけれど、洗面台は見つからず、いつものように折り紙をあれこれいじり回して考え出した。

「チャンネルへの登録者数、また減るだろうなぁ……」と思いつつも、この動画を出さないと一区切りがつかないと思ってアップロードした。

これで一応家具・設備は整ったので、次は壁や仕切りを作って、ハウスツアーの動画を撮りたいと思っているが、どうなることか。登録者数1000人記念にと思っていたが、いつになるかわからない。いや果たして1000人を達成するのか???