感動!アレハンドロ・ケレバルの世界

ペルーの首都リマ出身で、18歳の時からポーランドに移って活動している音楽家。日本語の情報がネット上に全くないので、日本では知られていないようだけれど、昨日YouTubeで動画を観て、とても感動した。

初めに観たのは『モヒカン族の最後』という映画の主題曲を弾いている動画だった。とても美しい音色で、びっくりした。

実は私は管楽器にはあまり興味がない。と言うか、小学校で習ったリコーダー以外、音が出たことがない(中国の笛などを試したことがある)。今年の正月、「心肺機能を鍛えるために笛とかやったらいいだろうなぁ」とちらと思ったけれど、やはりあまり興味がわかなかった。

ところが、昨日二番目に観たこの動画、ケレバル(発音未確認)自身が作った『Yo Soy』という曲で、考えが変わった。

 

動画を観ていたら、涙が出てきた。年をとって涙腺がゆるくなっている。涙が止まらない。

引き出しの中にずっとしまってあったリコーダーを引っ張り出して、そっと吹いてみた。音は出る。Yo Soyを吹きたい。いきなり?

 

 

 

♡マークから元気をもらう

今、東京でのいろいろな事務手続きのことで頭が痛い。そもそも上京できないから自分では動けないし、お役所のルールの不明瞭さ、というか、非居住者であるための複雑さ、などなど、問題が多すぎて、手に負えない。

そして、こういうことが頭にひっかかっていると、気持ちがどんよ~りしてしまう。落ち込んで、何もやる気がなくなってしまうのだ。で、夕方になって、やっとコンピュータの前に座った。

そして、WordPressを開けてみたら、新しいく付いた♡マークの数を教えてくれるプラグインの表示が「8」になっていた!

8つも「いいね!」がついていたんだよ♬

おかげで少し元気が出た。それで少し掃除をした。この時間から~?と思ったけれど、数日前から出しっぱなしになっている古い書類の山をあちこち動かしながら、床掃除だけした。

いつもブログを読んでくださるQ先生、たまたま私のブログにたどり着いて、♡マークをつけてくださったみなさま、本当にありがとうございます。すぐに落ち込む文系シニア女子、少しずつ、少しずつがんばります。

 

クレヨン画第七弾(また描きかけ)

「クレヨン画シリーズ」第七弾。桜の時期が終わってしまう前に描きたい!と思ってがんばってみたが、第六弾に引き続き失敗、描きかけに終わった😭

描きかけになってしまった理由はいくつかある。一つは柴崎先生のお手本動画の題材が「桜」ではなく「梅」であったこと。二つ目は、お手本動画を観ても、情景(地形とか光の方向)が頭に浮かんでこなかったこと。三つ目は、自力で描くだけの画力、想像力、気力がなかったこと。

画面を色で塗りつぶしたところで、「これ以上無理!」と思ってしまった。

でも、出来がどうあれ、自分で描いたものには愛着がある。だから、これも記録として残しておこうと決めた。

先生のお手本動画。なつかしいサクラクレパス! 数本しか残っていないクレパスでこんなにすばらしい絵を描く先生はすごい!

私はぺんてるクレヨン16色を使用。深緑色のクレヨンがなかったことも、大きな敗因の一つだった気がする。今見ると、お手本で手前にあった木を移動(?)させたことで遠近感・構図がぐちゃぐちゃになってしまったようだ。反省点の多い一枚になった。

今年も故郷の桜を見に帰ることはできなかった。来年は戻れるだろうか? これから新緑の五月を迎える東京は、今どんな彩りを見せているのだろうか?

 

 

プロ野球のシーズン開幕

昨日から野球が始まった。にわかベイスターズ・ファンの当ウェブ管理人も、少し前からテレビでの野球観戦を始めた。

これまでのオープン戦(よくわからないのだけれど、肩慣らしみたいな試合?)ではベイスターズはとても強かった! いいぞ、いいそ!と思って観ていた。

でも、いざ本番が始まったら、昨日と今日、広島にぼろ負けしてしまった……。

いつものように、「入れ込み君」と一緒に観戦しているのだが、まだ勝ち星が出ないから、二人とも元気がない。明日は横浜球場でぜひとも初勝ち星をあげたい!

 

【動画リンク集】今聴きたい歌『イマジン』

政治のことはまったくわからない。でも、戦争はやめたほうがいいと思う。

そんなことやっている場合じゃないでしょ! とも思う。

自分にも守りたいものはある。それを守るためなら、なんでもするだろうとも思う。

でも、戦争はやめたほうがいいと思う。

こんな時、よく思い出すジョン・レノンさんの『イマジン』。

今の状況の中で聴くと、涙が止まらない。

戦争はやめたほうがいいと思う。

いろいろなこと全然わからないのだけれど。

人類の寿命が縮まるよ。

 

John Lennon 英語歌詞付き 曲は0:45あたりから

John Lennon 日本語歌詞付き

Freddie Mercury 実際は1981年モントリオールコンサートの映像 ラフな映像 歌は0:30ごろから

Elton John 1980.9.13ニューヨークのコンサート この年の12月8日、ジョン・レノンさんが亡くなった

世界の人々

シンガポールの医療の好きなところ

この数週間のあまりの体調の不調や、ちょっとした気がかりがすごく気になってきたので、急遽血液検査を受けることにした。

火曜日に主治医の先生(外科の先生なのだけれど、不調な時はとりあえず会いにいく先生)のところに電話して、先生がうちの近所の診療所のほう(二つの診療所掛け持ち!)にいらっしゃる金曜日に血液検査をしてもらうことになった。

木曜夜から絶食して金曜朝に血液採取とついでに検尿。診療所の向かい側がかかりつけの心臓医の先生の診療所だから、気になる動悸も調べてもらえないかと寄ってみたら、先生は休診の日だった。でも、事情を話したら、心電図をとってくれて、出勤していた別の先生に見てもらえた。結果は異状なし! ほっ!

予約も何もなしに、飛び込みで心電図をすぐとってもらえるなんて、本当にありがたい。もちろん、たまたま患者さんがいなかったからこそだけれど。おかげで心配が一つ減った。シンガポールで一番好きなのは、(高額ではあるけれど)医療がストレスなく受けられる(ことが多い)こと。

例えば、だいたいの場合、朝、血液を採れば、午後にはもう結果が聞ける! 日本でもこの頃はスピーディーになっているのかもしれないけれど、この、当日結果が聞けるというのはすごくいい(詳細な検査でなければ2時間後くらいに聞ける)。それに、この日は異常なしという結果だったから、なおよかった!

でも、そうなると、この体調不調(なにしろいろいろ変)の原因はなんだ、ということになる。主治医の先生は、睡眠不足とストレスとおっしゃる(それと多分年齢)。数年前に比べたら、はるかによく眠れるようになったのだけれど、たとえ6時間寝ても、「質」が問題だと先生はおっしゃる。そして、ストレス下にあったら、たとえ寝ていても休めていないと。そう言われたら、図星と言うしかない。

来週は、この先生が見つけてくださった「歯ぐきのお医者さん」のところに行ってみることにした。去年の暮れから奥歯の周りからずっと出血している。行きつけの歯医者さんは、まだ歯ぐきの下にある親知らずを抜いたほうがいいと言うけれど、できれば抜きたくない。「手術」は怖い。

それで、とりあえず、歯ぐきの専門のお医者さんに相談してみることにした。はじめての先生だから、すごく不安なのだけれど! がんばるぞ!

 

たくさんの♡マークに励まされた日

今日は折り紙ブログを中心にたくさん♡マークをいただいた。たまにしか閲覧者のいない個人ブログサイトだから、こういうことはとても珍しい。そして、とてもうれしい😊

こんなご時世だから、重症化リスク大のシニアとしては外出自粛は必須。もともと引きこもりだから、大手を振って引きこもれる♪と、嬉々としてこもってはいるのだけれど、もともと少ない他人との交流はほぼゼロ、YouTubeから仕入れるニュースは暗いニュースばかり(そういうのは観ないようにすればいいわけだけれど)……そんな日常を過ごしていると、時として不安におそわれる、落ち込む。

そんな時でも(すごく重症でなければだけれど)、ブログに♡マークを見つけると、「わ! うれしい!」と思う。単純にそう思う。自分が書いたものを読んで、少しでも「面白かった」と思ってもらえたら、それはどうしたってうれしい!

読んでくださっているみなさん、♡マークを付けてくださったみなさん、ありがとうございます!

コロナ検査キット使ってみた

昨日起きたら、ひどい頭痛と鼻水。熱は36.7度で、自分としてはちょっと高め。数日来の心身の違和感を考慮して、コロナ検査を自分でやってみることにした。

使うのはだいぶ前に政府から「配給」のあった検査キット。

中に三回分が入っている。このようなものが三袋、郵便で各戸に配られた。

綿棒で両方の鼻の穴の奥の粘膜をこすって、それを検査液に溶かしこみ、15分待つ。結果は陰性! 待っている間ちょっとドキドキしたけれど、7分くらいで筋が一本出てきて、検体がきちんととれたことがわかった。このままもう一本が出てこなければ陰性……ということで、その後の待ち時間がドキドキ。どれくらいの精度なのかはわからないけれど、ひとまず安心。パブロンを飲んで様子をみることにした。

で、翌日の今日は頭痛・鼻水なしで目覚めた。昨夜寝付くまでにすごく時間がかかったけれど、結局6時間は眠れたと思うから、上出来。今日はしっかり『离骚』の練習をしようと思う。

全世界的にコロナとの共生の方向になってきているみたいだから、もう少し長生きしたい自分としては、ひたすら自衛に努めるつもり。

 

古琴もスランプ?

一昨日も昨日も『文王操』と『酒狂』、『广陵散』を一回ずつ弾いただけ。今日も、今『广陵散』を一回やっと弾き終わったところで、気力がなえた。

そもそも今日は何度も「つっかえた」。前は何も考えずに弾けていた箇所(しかも曲中に何度か出てくる旋律)でつまずいて、楽譜を見ても「え? こんな弾き方だったっけ?」と戸惑うばかり。どうしたんだろう?

確かに心の調子は悪い。それを何とかしようと、弾き始めた節がないでもない。でも、今日は古琴の癒し効果がなかったのか? 雑念が頭や心に残っていて邪魔をしたのか?

先週末あたりから雑念多すぎ。心は鬱々とするし、古琴は「スランプ」状態。何とか脱出したい! 今から『文王操』と『酒狂』を弾いて、そのあと、調律を変えて五弦を高くして、気持ちを変えてみたらどうだろうか?

それより、この机の上、片づけた方がよくないか? 近いうちにやらなければならない面倒な手続きのために必要な「パスワード」を書き留めた(はずの)紙を探した方がよくないか? ああ、それにもう一つ必要になりそうな「パスワード」もわからない! そもそも、肝心なことを後回しにする癖をやめたほうがよくないか?

こんなことだから不安神経症はいつまでたっても治らない。うん、でも、これは「性分」だから、折り合っていくしかないんだよね。

やっぱりこれから『文王操』を弾こう。

描き初めはまた(x5)クレヨン画(描きかけ)

ずっと前に見た、夏の湖の風景を描いた油絵の動画がとても印象的で、この間、秋のイチョウ並木の絵を描いたときに思い出して、「あれが描けたらいいな、でも、無理だろうな~」とぼんやりと考えた。

もとはかなり大きな絵だし、すごく緻密。それに、動画の撮影角度が絵に対して斜めなので、絵が実際より縦長になっているから、これを観ながら描くのはむずかしい……などの理由で、このアイディアは却下していた。

が、1月2日。「書き初め」ならぬ「描き初め」の日。「ままよ!」という掛け声も勇ましく(?)、6枚目のクレヨン画として、この絵に取り掛かってしまった。そして三日目。ギブアップ……。

やっぱり無理。今回はさすが恥ずかしくて、Kちゃんにも見せられない……。しかし、挑戦した意気込みは評価する!と、自分を慰める。

参考にしている油絵の動画は、まだ三分の一ほど残っている。これからどんどん緻密な細部が描きこまれていくのだが、クレヨンでは無理。

それに、そもそも、一番最初に描いた、遠くにある山と湖の色の選択を誤っているので、肝心なところが台無し。湖に見えない!!! 塗っているときに、なぜ気づかなかったのだろう?と、今になって思うけれど、謎のまま。たぶん、意気込んでいたから緊張したんだろう。「緊張しい」だからな。落ち着いて、よく考えて色を選ぶべきだった←今回の教訓①。

教訓②は油絵具とクレヨンの違いを考える。アイディアとしては、最初に全体に白を塗ることで、その上に重ねた濃い色を、場合によっては削ることができるようにする、とか、あとで削って出したい色を下地として塗る、とか考えられるけれど……そんなに前もって、色の配置なんて考えられないよお~!

教訓③。ある程度できたら、もうごちゃごちゃいじらない。お手本動画がいじっていても、(とくに画材が違ったら)もういじらない。色がきたなくなるばかりだから! それにいじり続けていたら、シングルタスクの私はほかに何もできない! 古琴の練習時間が少ないのも、中国語の学習時間が半減しているのも、掃除ができないのもそのせいじゃっ!

そこで、ひとまず、ここでやめることにした。クレヨン画の道具はうしろのソファの上に乗っけて、机の上を片付ける。よしっ、今日はほかの活動もやるぞっ!

(20220105)今朝、書斎のドアを開けたら、ソファの背に立てかけてあった絵が目に入った。数メートル離れたところから見たその絵は、なんか「それなり」に見えた。どうも、焦点を合わせずに見るといいらしい。もし、このブログを読んでくださる方があったら、上の写真はぜひ、眼を細めて「ぼんやり」させて見ていただきたい。生涯、図工コンプレックスを持ち続けている、当ウェブサイト管理人からのお願い……。

(20220108)結局、上の絵に少し手を入れて(地面に小さな花とかを咲かせて)、完成ということにした。楽しかった! これに懲りずにまた挑戦しよう。でも、次回(えっ、また描く気?)はもっと簡単なものにしようね。少なくともクレヨン画をお手本にするように!

(続報20220203)これまでに描いた6枚の絵を集めた「クレヨン画ギャラリー」を作りました。よかったらご覧ください。