ミニチュアおせち

明けましておめでとうございます🎍。

今年もどうぞよろしくお願いいたします🍊🍊(シンガポールではみかん二つが正月の定番)。

スーパーで紀文の「少量おせちパック」を買ってきて、形だけお正月っぽく「おせち」を食べてから、突然思いついて、その残りを使って、空いた容器の一つに「ミニチュアおせち」を作ってみた。「一味の瓶」と比べるとわかるけれど、容器は手のひらサイズ。伊達巻を虎柄🐯に切り切りこんだところがミソ。

なんだかとてもかわいくできたので、来年はおもちゃのお重箱を買って、本格的なものを詰めようかな……などと考えている。

で、本番はこちら。ミニチュアおせちを手土産に、Kちゃんちにでかけてごちそうになった、日本からの冷凍直送「北海道海鮮おせち」。

これに、キンメダイのお煮つけ(お頭付き)がついたセットだった。右下の袋入りのものはカニの甲羅に詰めた「カニおこわ」と鯖寿司と鮭寿司。おせちだけでお腹がいっぱいになりそうだったので、解凍しないで後日のお楽しみにした。

おせちはどれも薄味で、とてもおいしかった。薄味だから日持ちはしないけれど、最近、濃い味のものが苦手になっている私には、とてもうれしかった。

Kちゃんが録画していた大みそかの懐メロ番組を観ながら、「わあ、この人若い! 何歳何歳?」と、登場する歌手の一人一人の年齢をWikiで確かめながら、大騒ぎ。私より年上の人もいて、その若々しさにびっくりさせられた。

そこで、出た結論は、歌の人は呼吸器関係(だけでなく、身体自体も)を鍛え続けているから若い、ということ。だから、Kちゃんからの提案は、今年は、歌を練習するか、思いっきり肺を使う管楽器に挑戦するか、いずれかを目標とする、ということ。う~ん、両方とも苦手だな。でも、あの若さは見習いたい……。

あと、Kちゃん情報では最近の4K画像に対応(?)した特別のメイクがあるそう。それを手に入れれば簡単にあの若さが手に入る?と思ったけれど、テレビ画面を通して観ると効果があるけれど、実際にはどう見えるかわからないという問題があって、あきらめた。

 

 

 

高いけどおいしい酢重のお弁当

タイトルそのままのお弁当。25ドルだから高い。でもおいしい。

オーチャード通りのマンダリンホテルの中にある日本食さん。当ウェブ管理人一押しのレストラン。お店で食べる、六種のおかず(とデザート!)がついてくるランチが28ドルだから、この25ドルは酢重としては決して高くない。でも、今のご時世、お弁当を届けてくれるお店はたくさんあって、その中では一番高い部類に入る。(コスパがいいのは高島屋タンポポのお弁当。)

メインはホッケの塩焼きと鳥のから揚げ。サーモンのエスカベージュも大きな一切れが入っている。付け合わせは金平ごぼうと厚焼き玉子、ほくほくしておいしいサツマイモ、それにかぼちゃが一切れと、大根のべったら漬けのような、塩漬けのような、ともかくすっごくおいしいお漬物。ワカメがたっぷりはいったお味噌汁もいいお味💛

実はシニア女子の管理人の場合、このお弁当はほぼ二食分になる。から揚げとサーモン、それにご飯半分は明日のランチ用にとっておく。これに納豆とインスタント味噌汁をつければ、「から揚げ定食」のできあがり! そう思ったら25ドルは全然高くない!

おうちでもラテアート

二日続きの小さな成功のあと、昨日は大失敗。でも、めげずに今日もやってみた。いろいろあせった形跡が残っているけれど、ハート型は、結構大きく描けている。完全にフリーポア(ミルクを流しただけ)だから、上出来!

以前失敗していた時と、再開後、成功への兆しがみられる今と違う点を考えてみた。

①まずミルクの温度。前は1分40秒ぐらい電子レンジにかけて、水温計で測って65度くらいにしていた。四日前に再開した時は、そもそもやってみるつもりはなかったので、最近の標準、1分15秒で、少しぬるめだった。

②次は器具の違い。前にも書いた通り、1000円のミルクフォーマーは力が強い。だからジャグ代わりに使っていた計量カップからミルクが飛び出した。それで、これまた1000円くらいのジャグを購入した。これでもミルクが飛び出しそうだが、フォーマーの角度などをうまく調節するとなんとかなる。調節できれば、やはり百均よりも強力な分、きめ細かなミルクが作れる。

③最後は動力の強さ。ずっと使っていなかったミルクフォーマーの電池が放電したのか、いくぶん、力が弱くなった気がする。そのため、ミルクが攪拌されすぎなくて、よく見極めて止めれば、ラテアート用のトロトロのミルクを作ることができる。

それで、1日と2日は、ちょうど泡の具合がよくて、成功したのだと思う。昨日は泡を作りすぎ。だから、今日は泡立て時間を減らした。トロトロよりもサラサラに近くて、これまた失敗ではあったのだけれど、また試行錯誤を続けて行こうと思う。また小さな幸せの種が増えた!

久しぶりのラテアート成功?

ダイソーのミルクフォーマーが壊れて、そのあと、値段が10倍もするフォーマーやジャグを買ったのに、フリーポアでハートを描くというラテアートの基本が一向にできなくて、がっかりして、一年以上、チャレンジをやめていた。

ところが、一昨日、ふと思い立ってやってみたら、なんと、結構できのいいハートが描けた!

そして、一昨日に続いて昨日もトロトロとした泡立ちミルクが作れて、かなりうまくハートが描けて感激!

ところが、調子に乗ってルンルン気分でやってみた今朝は大失敗。泡立てすぎで、トロトロではなくボタボタと落ちるミルクになってしまった。

「やだ!」と思って、写真も撮らずに、さっさとかき混ぜて飲んでしまったが、普通のインスタントコーヒーでも泡立てミルクのおかげでカプチーノ風になっておいしかったから「ま、いっか!」 でも、それにしても、昨日と一昨日のハートどうして描けたのだろう???

インスタントコーヒーでラテアート

以前に「インスタントコーヒーと百均ミルクフォーマーでラテアート」というのに挑戦(そのころの「作品集」は常設記事に)していたが、その後の顛末をずっと書いていなかった。

がんばった百均ミルクフォーマー

実は、もうだいぶ前に百均のミルクフォーマーが動かなくなった。毎朝使っていたから、「寿命」ということだったのだと思う。その後、DAISOに何度も行って探したが、二度と見つからず、最近、あきらめて通販サイトでちゃんとしたミルクフォーマーを買った。1000円くらいだった。高い!と思ったけれど、しかたない。

それぞれほぼ千円の新しい用具

しかし、この「高級さ」が曲者だった。電池を三個使うタイプで、強力すぎたのだ。ピッチャー代わりに使っていたDAISOの計量カップでは、大きさのせいか、形状のせいか、攪拌時にミルクが飛び散ってしまうのだ。

そこで、600mlの中型ピッチャーを買う羽目になった。これもまた1000円くらい(もっとすごく高いものもあった)。しかし、それでもミルクが飛び散りそうになる……。でも、これ以上費用をかけたくなかったから、ピッチャーの角度を変えたりして試しているうち、おそらく電池が弱くなったことも手伝って、何とかミルクを飛び散らさせずにある程度攪拌できるようになった。

そして、やっとフリーポアのハート型に挑戦したが、だめ。ミルクがうまい具合に泡立てられない。これじゃ、百均のミルクフォーマーと一緒じゃないか! でも、これからはこの二つの道具で挑戦を続けるしかない。

久しぶりにできた小さなハート

失敗を繰り返した数日後、今朝、少~しだけ頭がハート型っぽくできたので、久しぶりに写真を撮った。

いつまで挑戦を続けられるかわからないけれど、朝寝坊しなかったときは「インスタントコーヒーでラテアート」の挑戦を続けたいと思う(洗い物は増えるけれど!)。

 

シンガポール日本料理レストラン・ベスト5

突然ですが、「体験的ランキングシリーズ」を始めました。その第一回(第二回はいつになるかわかりません…)はシンガポールの日本料理店。「行ってみてがっかりすることがあまりない」お店ベスト5です。在シンガポール歴20年ですが、決まったお店にしか行かないので、まったくの個人的ランキングです。

第5位 Syun(春)(セントーサ・リゾートワールド)$$$$
公式ホームページ
前は誕生日とか特別な日にによく行っていたけれど、値段が高いのと、それに見合ったサービスが受けられなくなったような気がして、だんだん足が遠のいた。正直なところ最近は行っていないので、現状が把握できていない。でも、前に食べたランチのバラちらし寿司(48ドル)と鰻とフォアグラ丼(50ドル)は、間違いなくシンガポールで食べた料理のうち五指に入る。

第4位 やよい軒 (ミレニアムウォーク)$
公式ホームページ
以前リャンコートにあった時には一週間に一度は通っていた。日本にもある定食屋さんチェーン店。値段が安くて、おいしい日本の定食が食べられる。ウナギのひつまぶしなどは上記SYUNのランチの半額。15ドルくらいで十分おいしいディナーが食べられるから、本当はもっとランキングが上でもいい。いつも食べるのは、サバの味噌煮定食、または蒸し野菜・豚肉の定食。

第3位 とん吉 (オーチャード通りの高島屋)$$
公式ホームページ
もう20年通い続けている。だから、その間にデザートや小鉢やお漬物が「セット」から消えたり、一時ソースが薄くなったり、お肉が少し小さくなったりなど、微妙な変化も知っている。それでも、トンカツを食べたくなったらここ。食が細くなった最近はヒレカツとエビフライのセットを半ライスで頼んで、カツとフライを一つずつお持ち帰りする。それでもお腹いっぱい! 値段も妥当。

第2位 たんぽぽグランド(オーチャード通りの高島屋)$$$
公式ホームページ
ファミリーレストラン的な「たんぽぽ」(高島屋ショッピングセンター地下)の姉妹店。値段が少し高めになるけれど、和牛を食べない限りは許容範囲。おすすめは38ドルのディナーセット。それから、35ドルの「寿司・刺身セット」のお刺身はいつもとてもおいしい。黒豚のしゃぶしゃぶも楽しい。セット料理は盛り付けが上手な時と、「ん?」って思う時があるのが残念。

第1.5位 新橋そば (パラゴン) $$
公式ホームページ
こちらを第一位にしてもよかった!とあとで思い出したので、急遽1.5位というのを作った。何しろおいしい。一か月に2回くらい必ず行く。天ぷらの質がちょっと低いのは、しかたがない。おすすめはやはり、「ざる蕎麦」系のメニュー。あと意外においしいのが、温かい汁につけて食べる「つけ蕎麦」。デザートに白玉や抹茶アイスクリーム、餡子(あんこ)などが使われている純日本風のものがあるのもうれしい。

第1位 酢重(オーチャード通りのマンダリン・ギャラリー内)$$$$
公式ホームページ
まずほとんど「はずれ」のないお店。値段は高めだけれど、おいしい。おすすめは28ドル(2020年)の、デザート付きのランチセット。一品料理では「大エビ天ぷら」が個人的には大好き。一品料理はどれも、ご飯とお味噌汁をつけるとディナーセットになる。ご飯についてくる大根のお漬物(あるいは甘酢漬け?)がとてもおいしいのだけれど、ご飯の盛りつけ方が雑なことがあって、すごくがっかりする。

番外編(個人的おすすめ料理のあるお店)

◆居酒屋 (ロバートソン・キー)
お惣菜六種盛り(酒飲みでなくてもうれしい薄味)

◆沖縄料理 ニライカナイ(グレイト・ワールド・シティ)
ハンバーグセット(沖縄料理じゃないのかい!)

一番星 (グレイト・ワールド・シティ)
ビジネス御膳(天ぷらはちょっと残念!)

すし亭(パラゴン)
シーフードサラダ(すごくお得感がある)

竹葉亭(ロバートソン・キー)
鰻!(高くて一度しか行っていないけれど……)

さくらや (アンカーポイント)
ホッケの塩焼き(はずれがない)

百均ワンプレートランチ

いつも行く百均のお店で買った四分割のプレート。それに少しずつおかずを乗せたワンプレートランチがマイブーム。最近の三日間はこんな感じ。

一日目はチキンと赤パプリカの炒め物、青菜のお浸し、卵焼き、オクラの豚肉巻き。卵以外はKちゃんからの差し入れ。

二日目は厚揚げにねばねば野菜がけ、白菜と鶏肉団子の煮びたし、ミックスビーン入りヒジキ、カブとキュウリの即席漬物。この日は全部Kちゃんからの差し入れ。

三日目は納豆とねばねば野菜、厚揚げねばねば野菜がけ(昨日と一緒!)、牛肉すき焼き風、塩こうじ鮭焼き・ミョウガ添え。この日も納豆以外はKちゃんからの差し入れ!

この三日間、夜は外食があったりしたけれど、ヘルシーランチで体重が少し減って、「赤線(これを越えたらだめ!という限界線)」以下を維持している。先月はかなりやばくて時々上回っていたから、気を付けなくては! ワンプレートランチはかわいくて好き。それに、量は少なくても種類があるから満足感がすごくある! これでなんとか現状を維持しよう!!

シンガポールのお正月料理二回目

シンガポール発祥のお正月料理、魚生(ユーシュン)、今年二回目。正式なお正月は終わっているのだけれど、スーパーで買った「魚生キット」を使って作るのが面倒くさくて、そのままにしてあったのを、お料理好きなKちゃんに渡して、作ってもらった!

キットに入っていた各種食材・調味料と、昨日、これまたスーパーで買った「大根・ニンジン・キュウリの細切り」を盛りつけ(てもらっ)たのが上の写真。先日ディンタイフンからお持ち帰りしたものとかなり近い見た目。これにサーモンをのっけて、五香粉と胡椒、梅ソースをかけてからまぜていただく。

今日は夜ご飯はこれだけと決めて、「2~3食分」という量を一人でほぼ完食!  レストランに引けを取らない味だったから、来年もやってもいいかな?と思った。ちょっと酸味がほしい気がしたので、次回はよく魚生に入っているポメロ(ザボンみたいなフルーツ)をほぐしたのを入れよう!

ちなみに「調味料キット(6人前)」は12ドル、「野菜キット」は7ドル、スモークサーモン(うちにあったのを使ったから不明だけれど10ドル以下)で、トータル30ドルくらいかな。ディンタイフンのが2~3人前で33ドルくらいだったから、ほぼ半分の値段でできる。味はあまり変わりないように思った……。

これでお正月は終わり! いよいよ春がやってくる。元気を出そうね!

シンガポールのお正月料理

シンガポール発祥のお正月料理、魚生(ユーシュン)を「ディン・タイ・フン」からお持ち帰りした。

一言でいえば、スモークサーモン(あるいは生のサーモン)を使った、細切り野菜のサラダ。野菜の切り方は、お刺身についてくる大根のような感じ。大根、キュウリ、ニンジンの細切りにいろいろな「調味料」を入れて、サーモンを加えて、みんなでお箸を突っ込んで、お祝いの言葉を言い(叫び?)ながら高く放り上げる感じでまぜて食べる。

日本のお節料理のように、それぞれの材料に象徴的な意味があって、それを投入する時に言う言葉が決まっているらしいが、中国語が読めなかった(お皿から食べ物がこぼれるので、それを受け止める?ための紙のテーブルクロスがついていて、その上に一つ一つ紹介されていた)ために、それはやれなかった。

で、肝心の味はと言うと、調味料の一つ甘い「プラムソース」が意外に野菜にもサーモンにも合って、砕いたピーナツやゴマ、ショウガなどがきっちり引き立て役をやっていて、一言で言って、おいしかった。「甘いサラダ」というのがオッケーという人は、試す価値あり。

ちなみに上の写真の2~3人前が2500円くらい。これだけで夕食のおかずとはならないから高いと言えば高いけれど、シンガポールのお正月には欠かせない料理なので、一度は試してみたい。

シンガポールで「特製御膳」

「たんぽぽ」はシンガポールの手軽な日本料理レストラン。そのちょっと豪華版の「たんぽぽグランド」が高島屋の4階にある。値段はちょっと高めだけれど、オーチャードのマンダリンギャラリーの「酢重」とか、セントーサの「SYUN」(どちらも高いけれどおいしい日本料理屋さん)に比べると、少し安め。

お得感のあるアラカルトメニューもあるけれど、「今日はおいしい日本料理食べたい!」と気合の入っているときは、松竹梅のセットメニューから選ぶ。

写真を大きくしたので、値段も見えると思うけれど、一番高い48ドルの松セットは食べたことがない。いつも38ドルの竹セット。今は「素麺(そうめん)」の代わりに小さな「イクラ乗せ茶碗蒸し」(あるいは揚げ出し豆腐)がついてくる。

それから、デザートは以前は果物のこともあったけれど、最近はずっとアイスクリームがついてくる。このあいだは、抹茶アイスにあんこまでついてきて、感激した。

日本円で2700円くらいだから高いことは高いけれど、自分へのご褒美が食べたいときは、候補の一つ。代り映えしない日本食ではあるのだけれど、一枚ペラっと「和牛」が入った「肉じゃが」の濃い味が江戸っ子にはたまらない(?)。

で、どのセットもランチはなんと10ドル引き! 前に19ドルで梅セットを食べたことがあるけれど、なかなかおいしかった。ただ、「豚丼風」と「ちらし寿司風」の二つのご飯ものがついてくるので、ちょっと重たい(どちらもおいしいからつい食べてしまう!)。

もしかすると、昼に28ドルの竹セットを頼んだら、「酢重」のランチセットと同じ値段で、まった遜色なし!ということになるかもしれない。

(続報202201)去年の末、久しぶりにお店に行った。あいかわらずおいしい。ところが! 会計時、お店の前に貼ってあるポスター(上の写真)をなにげなく見てびっくり。「御膳」三種のランチの値段が5ドルアップしていた! 10ドル引きがあまりの「お得割引」だったことに、お店の人が気づいてしまったらしい。材料の値段も上がっているのだろう。いずれにしても、レストランはどこも今、大変。

値上げの前に、一度ランチで特上の「松セット」食べて見たかったなぁ!