古琴のこと書かなくちゃ

いま気がついた。古琴ファンをふやしたい!と思って立ち上げたサイトなのに、古琴のブログが一つもない。この一か月サイト作りに忙しかったから……。それにちょうど古琴レッスンは四週間の夏休み。いかん、いかん、だからといって、さぼってはいけない。実は、この休みの間に、これまで習った曲を復習しようという計画だったけれど、一週間たった今も、一曲目でつまづいている。『桃園春暁』という曲。いわゆる桃源郷を歌った曲で、天の声と呼ばれる、澄み切った倍音を出すハーモニックス奏法が続出。苦手。おまけに調弦の仕方がほかの大部分の曲と違うので、この曲を練習しているあいだは、ほかの曲が練習できず、忘れていく……嗚呼!

0