実はむずかしかったカプチーノアート


数日前から、カプチーノアートでイラストを描く、というのを始めてみたが、大発見があった! それは、カプチーノアートのむずかしさ。実は、はじめてカプチーノの上に絵を描いたり、立体でクマさんの頭部を作ったりした時(以前のブログをご覧ください)、一回のトライですっとできて、「なるほど、ここまではだれでもできるんだな」と思った。そして、次の段階のハートでつまずいて挫折した…といういきさつがあった。それで最近、イラストなら簡単だから…と思って再開したのだけれど、毎日苦戦。以前一発でできた「丸」すらうまく描けない。クイーンのフレディを描こうとしたときは、泡が固すぎたので、「じゃ、前のクマさんにしよう。あれは好評だったから」と思ってルンルン気分で作り始めたら、失敗した。できそこないのクマさんをつぶして、上から泡を乗せ直してキャンバスを作って、さらに苦労してフレディを描いた。そう、ただ、泡のキャンバスの上につまようじで絵を描く、という簡単なこと(に思えた)すらうまくいかない。以前やったときは、一体どうしてうまくいったのか? ビギナーズ・ラック? どうもそういうことらしい。また初心に戻って、YouTube見直すしかないのか。でも、そんなことしているとどんどん時間がかかるようになる。古琴の練習どうするの? 完全に本末転倒じゃない? 管理人の苦悩は続きます…。

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です