アリアのつけ爪をつけてみた

ペラペラに薄くなってしまった右手人差し指の爪に「アリアのつけ爪」をつけてみた。ウェブ情報でギターリストたちのレビューがよかったから、これは試す価値があると思った。以前ギターを習っていた時には、釣り師さんが愛用の瞬間接着剤というのに行き着いて、しばらく使っていたが、爪の痛みが激しかった。今回の製品は医療用の両面テープというのを使っているのが「ミソ」らしい。はがすときに、除光液とか化学製品を使わなくていいらしい。テープが水に弱い特性を利用しているらしいが、医療用だというのと矛盾しないか?とも思う。でもともかく貼ってみて、今練習中の新曲『神人暢』を弾いてみた。今のところはなかなか調子がいい。

問題はどれくらいもつのか、水にどれくらい耐えられるのかということ。また、自分の爪は縦方向にも微妙に湾曲しているが、つけ爪はほぼまっすぐなので、先が二枚爪状態になってしまうから、ちょっと違和感がある。でも、ペラペラ爪で弾くよりはずっといい! 思い切って力が入れられる! あとで、爪がすり減る原因となった『流水』も弾いてみよう。フォローアップ要!

 

+1