折り紙で古琴を作ってみた

管理人の現在の「マイブーム」は折り紙。なので、大好きな古琴と折り紙をコラボレーションさせてみた。まずは古琴の実物。


ネットで買った廉価版古琴だけれど、6年間、毎日管理人を支えてくれている。だから、折り紙ミニチュアハウスにもぜひ置きたかった。で、作ったのがこれ。

古琴台は普通の折り紙一枚、椅子はその半分、古琴はそのまた半分の正方形のものを使って折った。古琴台と古琴(こちらは目分量で「ぐらい折り」で折った)の折り方は管理人のオリジナル。でも台は左右の足が「固定」されていないので、だんだん外側に開いていく…… 改善要!

うーむ。こんなことをやっているのは本末転倒(毎度のことだが)か? 『離騒』の練習は一向にはかどらない。奏法のむずかしさもさることながら、暗譜が極度にむずかしい。そして、最大の問題は、そうしているうちに他の曲をどんどん忘れていくこと。だから、今日の目標は、古琴の調弦を普通に戻して(これがすごくやっかい。うちの古琴は弦を巻く部分がすごく固くて、指を痛めそうになるのです!)、ほかの曲を練習すること。でも、やっぱりまず『離騒』練習したい!

(続報20210503)折り紙古琴、古琴机・椅子の作り方動画できました!

+1

“折り紙で古琴を作ってみた” への1件の返信

コメントは受け付けていません。