中国のテレビを観てみた

一昨日から中国語のラジオ番組(ラジオ局?)『中国之声』を聴いているけれど、ほぼ100パーセント聞き取れないことは昨日書いた。

今日、ラジオを聴いて、「ここはもしかしたら聞き取れるようになるかもしれない」と思ったのは、広告の中の電話番号。昨日も書いたように数字であることは認識できる(がそれが「いくつ」なのかすぐに認識できない)。今日はどうやら400というのが北京の地域番号であるらしい(?)ことがわかった。だからスーリンリン…と始まったら、次に数字が来ることを予測して、がんばって聴き取り、そこで立ち止まって考えることにした(どうせ先は聞いても聴き取れないから)。電話番号だからゼロから9までの数字しか出てこない。これをがんばって聴き取るようにしてみようと思う。

それから、今日は中国のテレビ番組も観てみた。CCTVの総合チャンネルと財政経済チャンネル。これは画面を見ればテーマがわかるし、文字もときどき出るので、なんとなく内容の推測がつく。おかげでいくつかラジオに出てきた(気がする)単語を確認できた。でも、画面の文字に集中しすぎるために、「耳がおろそかになる」。語彙を増やすためには文字の確認が必須だけれど、耳を訓練できないのでは本末転倒。だから、ラジオ30分、テレビ30分くらいにするのがちょうどいいかもしれない。

ともかくも、モチベーションが完全に下がってしまった中国語学習をなんとか継続するために、いろいろやってみようとがんばっている毎日。明日は何をしようかなぁ?

+1