『古琴のラ・カンパネラ』に挑戦してみた

先日のブログに書いた『古琴のラ・カンパネラ』(『广陵散』のこと)に五日間、挑戦してみた。下のYouTubeの動画と、手元にある三つの楽譜を見比べながら、五線譜、数字譜を頼りに、減字譜を文字通り「一文字ずつ」解明していく。ものすごい作業。もちろん、「解明したけれど弾けない」という箇所も多々ある。でも、ひたすら練習。

で、五日間かけて解明できたのがこの一頁。

この先はまだ解明できていない。早くも挫折。そもそも、初学者にして先生なしでラ・カンパネラに挑戦するのが無謀!

このあいだテレビで、漁師のおじさんが1年かけて、ピアノでラ・カンパネラをマスターしたという番組を観た。彼はまったくの初心者で、最後はフジコ・ヘミングの前で弾くという偉業(!)を成し遂げた。すごい。私も一年かけたら弾けるようになるのか?!

この番組の終わりのほうでわかってきたのは、奥さんがピアノの演奏者(先生だったか?)で、確か家にあったピアノはグランドピアノだった。絶対奥さんから習っているよね? ちょっとずるい……というか、うらやましい。

これから先、どうなるかわからない。4日間ほかの曲をまったく練習しないで、今日弾こうとしたら、小さい曲はいくつかまだ覚えていたが、中曲あたりからもうぼろぼろ。とくに、最近掘り起こしたものがすっかり頭から抜け落ちていた。どうすればいいんだ!? 『广陵散』はあきらめるしかないのか!?

(続報)あきらめきれなくて作った最初の練習記録動画

“『古琴のラ・カンパネラ』に挑戦してみた” への1件の返信

コメントは受け付けていません。