帳簿付け終わった!

ここ数日、ブログも、動画も、古琴の練習も一時停止状態だった(『广陵散』だけは毎日一回は弾いていたけれど)。理由は、毎年この時期に悩まされる「一年分の帳簿付け」。作業を始めれば、4日くらいで終わるものなのに、とりかかるまでが苦しい。

それがやっと終わった。あとは、日本の会計士さんに会計書類を郵送するだけ。それでOKが出れば、また来年までこの苦しみ(ちょっとオーバー?)から解放される。このような状況を避けたければ、毎月末に帳簿をつければいいのに。そうすれば、年末には作業の九割は終わっている。

それができないから毎年苦しむのだ! 徹底した「後回し主義者」だから。今も後回しにしている「案件」がある。どうしようか……。いつものようにぎりぎりまで待つのか? 手遅れにさえならなければ、それでもいい、いや、それがいい、という気がするが……。

いつも気がかりのある私。

+1