恐るべし『广陵散』

『广陵散』が一筋縄ではいかないことはわかっていた。でも、管平湖先生の「完全版」(省略箇所がない)ビデオを観て、ショックを受けた。

管平湖先生が琴譜の解釈(打譜)をなさった楽譜にある27段(私はこれが完全版と思っていた)はもちろん全部弾かれている(ここまで約15分)が、そのあと、楽譜にない部分が延々と7分強続いている!

動画のコメント欄の中国語のコメントによるとどうやら、全45段! 22分越え! 私が練習をしている乔珊さんの11分の短縮版はだいたい「半分」の長さということになる。

やっと、この半分の暗譜が7割がたできたところで、このビデオを観たのはまずかったかもしれない。自分が立っているところがほんの玄関の軒先にすぎないことがわかったから。

古琴は本当に奥が深い。終わりはない。私の古琴「道」。

+1