大好きなピアノの新居!

20年前に日本から一緒に引っ越してきた大好きなピアノ。それまでも、そのあとも、ずっと私の人生を見守り、慰めてくれていた。小学校時代、ソナチネに入りかけたところでレッスンをやめた身ではたいして弾けないから、かわいそうなピアノだったのだけれど、いろいろな縁で、10年くらい前に、ピアノの上手な友達(当ブログによく登場するK子さん♪)の家にもらわれて、存分に弾いてもらっていた(下の写真)。

でも、今度彼女も引っ越しで手放さなくてはならなくて、どうしよう!と思っていたら、思わぬところから救いの手が差し伸べられた。去年の1月まで古琴のレッスンで通っていた音楽学校がもらってくれることになったのだ! そして、行動力抜群のK子さんが手配をしてくれて、先生に連絡してからなんと三日後には、ピアノは新居に移動! まるでずーっと前からそこにあったかのように、居心地よさそうにしている(冒頭の写真)。

ここに至るまでのいろいろな縁(えん)に感謝。もう40歳になるピアノだから、たぶんここが終の棲家になるのだと思う(そうなってほしい)けれど、音楽の好きな人たち(学校の専門は中国音楽だけれど!)に囲まれて、弾いてもらって、ゆっくり余生を過ごしてもらいたい。

ちなみに、K子さんが4月に引っ越しする先は、この音楽学校から歩いてほんの数分のところにあるコンド! たまに遊びに行って弾いてもらえたらうれしい……。それに、私もワクチン接種が無事に終わったら、副先生(主先生は中国から戻って来れない?)のレッスンをとりたいなぁと思っている。そうしたら、毎週ピアノにも会える!

今日は久しぶりにすっごくいいニュースをお知らせできてうれしい!

+2