“左”和”右”的笔顺不一样

你知不知道在日本右”字和左”字写的时候第一笔不一样? 怎么不一样? 右”字先写“撇”,左字先写“横”。 虽然在当代中国这两个字的笔顺都一样、都先写“横”, 但是实际上,日本式的写法才是最初的。 为什么呢? 为了说明原因,我们得看这两个字的造字过程。它们起初都是象形文字,模仿右手和口”字, 左手和工”字。 (请你上网看一看一个小插图)。有个学者说“口”和“工”分别描写神器的形状。要是左”和右”同样地先画手指的部分,比如说从小指到大拇指, 左”和右”的笔顺自然就不一样了。明白了吗?

久しぶりの中国語での投稿。第一稿はめちゃくちゃだった。実際に文字を書いて説明すれば簡単なのだと思うが、文章で説明しようとするとかえって複雑になる。〇・チ先生、いつもお手数かけてすみません。「はらい」は「撇(pie3)」というのですね! 日本語でもその言い方忘れていました!

 

+2

桃太郎(汉语)


很久很久前,在某个地方住着一对老夫妇。每天老婆婆去到河边洗衣服,老公公去到山上砍柴。有一天, 老婆婆洗衣服的时候,从河的上游慢慢地漂来了一个大桃子。老婆婆把桃子捞了起来,并把它带回家。老公公和老婆婆商量了后决定吃桃子。当她正要用菜刀把桃子切开的时候,桃子却自己裂开,从中间迸出了一个虎头虎脑活沷可爱的男婴儿。因为老夫妇没有孩子,所以非常开心,给他起名「桃太郎(ももたろう)」,爱他并养育他。桃太郎长得很快。没过多久,长成了一个又强壮又善良的少年。
有一天桃太郎听说邻村的村民们一直被一些鬼怪欺负,鬼怪们常常来村里抢劫村民的粮食,财产。桃太郎告诉老夫妇他决定把鬼怪除掉。他带着老婆婆做的黍米丸子,向鬼怪住的岛「鬼ヶ島(おにがしま)」出发。路上他遇见一只小狗,一只猴子和一只雉鸡,给它们黍米丸子吃。它们愿意追随桃太郎一起去打鬼怪。一到鬼ヶ島,他们用智慧和勇气,就成功地让鬼怪投降。它们发誓不再做坏事,把抢来的珠宝还给了桃太郎。他和他的手下们回到了村子,把珠宝还给了村民们。从此以后, 大家都过着幸福快乐的日子。

このお話は日本人ならだれでも知っていると言ってよいほど有名な昔話です。今回中国語で紹介するためにいろいろ調べてみたら、鬼を退治するまでの細かいエピソードがあって、本当はかなり長いものであることがわかりました。昔、長いバージョンも読んだり聞かされたりしたことがあったとは思いますが、今覚えているのは上記のような概略。それでも訳すにはかなりの時間を要しました。〇・チ先生、いつも添削ありがとうございます!

+2

天岩戸神話(汉语)


远古神话的时代,太阳神 “天照大神(あまてらすおおみかみ)”对她的弟弟的蛮横的行为大动肝火,走进了一个叫天岩户(あまのいわと)的洞穴,用岩石把洞口堵住。没有了太阳,世界立即变得一片黑暗,发生了很多灾害,人们趁着黑暗也做了很多坏事。别的天神们很担心, 在岩洞前聚集商量着该怎么办。后来他们想出一个好主意来。他们岩洞前办宴会,非常热闹。有一个天神跳舞。她跳得很好, 很有意思,大家都开心的哈哈大笑,气氛高涨,声音越来越大。天照大神觉得很好奇,心想:没有我的光,他们怎么也能过得那么开心呢? 于是她偷偷地开了一点门缝,想看一看外面。 那时候,等在岩洞口的大力神趁这个时机用力把门缝拉大, 最后把天照大神拉起来。她一到在外面,别的神就马上把岩洞关上,不让她再回去。就是这样,世界再有了太阳, 又恢复了光明和平。

このお話は、日本の神話の中で一番有名なお話と言っていいでしょう。天岩戸神社は、日本発祥の地と言われる宮城県高千穂にあります。

+1

忠臣蔵(汉语和日语)

『忠臣蔵(ちゅうしんぐら)』是日本江户时代发生的“赤穂(あこう)事件”的俗称。最初是以这个事件为题材所编的歌舞伎(かぶき)和文楽(ぶんらく)的剧名。
赤穂事件的概要是; 1701年三月,赤穂藩主浅野長矩(あさのながのり)在江户城(当时治理日本全国的德川(とくがわ)幕府将军所住的都城)用刀伤害了幕府高官吉良上野介(きらこうずけのすけ)。至于他的动机,有人说由于他被吉良侮辱而产生了怨恨, 但是到现在真正的原因还不太清楚。第二天,浅野被令剖腹自杀了。他的臣子中有些人对这样的处分非常不满。 他们历尽艰辛, 终于于1702年十二月十四号(今天!),一起闯进吉良的家,杀了他, 为他们的藩主报仇。 其后他们也被令剖腹自杀。 他们的墓地就在他们的主人的墓地旁边(港区泉岳寺)。
这个故事被认为是臣子对主人表示忠义的美谈。

下のビデオは著作権がどうなっているのかわからないので、もしかするといつかなくなるかもしれませんが、2018年現在では観られるので、ぜひご覧ください。タイトルクレジットが長く、短い本編の一部は2’00あたりから始まります。長谷川和夫さんなつかしいです! 音楽も、そうそう、これだった!

日本人ならだれでも知っていると言っていいほど有名なお話。1964年にNHKで放送されたテレビ番組は大人気で、特に、「討ち入り」のこの回は大河ドラマ史上最高の53%視聴率をとったとコメント欄に書かれている。また、この回は出演者が多すぎるために(確かに!赤穂浪士だけでも47人!)クレジットがスクロール形式になっているそう。

 

+1

紫式部(汉语)


今天的咖啡画大失败!  紫式部女士,真对不起你!

紫式部(むらさきしきぶ)(AD970?-1019?)是日本平安时代中期的女作家和诗人。她的代表作”源氏物语”被认为是日本最早的长篇小说。那时候人们认为女人的教育不太重要, 所以紫式部小的时候没受过正式教育。但是她很聪明很想学,她在旁边听她父亲教弟弟(也有学者说哥哥)汉学,她比弟弟学的更快。父亲见了,叹息着对她说,”你为什么不是一个男孩子呢? 要是你是一个男女孩,长大后很可能会成为一个大学者”。紫式部亲笔在”紫式部日记”里写了这个逸事。你觉得这个故事很有意思吗?

 

 

+1

源義経(汉语)

这是第一次用汉语写的博客!

源义经(源義経みなもとのよしつね)是日本中世时期很有名的军事家。日本人之所以很喜欢他是因为他是个悲剧英雄。为了自己的家族(源氏げんじ)的繁荣,讨伐仇敌的家族(平家へいけ)。虽然取得了胜利,他的哥哥(源頼朝みなもとのよりとも)却妒忌弟弟的军事才能,害怕他的势力。借有人告他谋反这件事,哥哥再三再四下令追讨他。义经跟极少的忠臣逃到日本东北方,最后觉得没有办法逃了,就自杀了。
关于义经的故事和传说有很多。一个传说,说他并没有自杀。知道他的哥哥追讨他以后, 他逃到北海道,活了下来并成了家,有了自己的家庭。也有别的传说,说他路径北海道去了中国成了成吉思汗! 荒诞不经?  想一想,正史说义经于1189年死了,成吉思汗与1227年开始蒙古帝国…。

中国語での初めての投稿(疲れた!)。間違いを調べてあとでまた訂正します。カテゴリーも新しく作って分類しようかとも考えていますが、とりあえず今日はここで力尽きた!(2018/12/06)

昨日の中国語のレッスンで第一稿を先生に添削してもらいました。でもそのあとまた書き加えたので、間違っていたらごめんなさい。(2018/12/08)

+1

孔子の言葉

孔子の言葉と言えば『論語』。中国人はもちろんだと思うが、日本人でもほとんど全員が中学校の漢文の時間に習う。でも、学生時代、漢文の授業が大好きだったという人は少ないような気がする。ともかく私は苦手だった。今思うと、あれが古代の「中国語」で、現在でも中国の知識人ならば、ある程度意味を解するのだということを知っていたら(あるいは当時の先生が、今の中国語の発音でいいから、あれを中国語の発音で読んでくれていたら)、少しは興味を持てたかもしれない……と思わないでもない(否、おそらく何をしようと授業というものに興味を持つことはなかっただろうが…)。今日JSUのレッスンで習ったのは例の「学びて時にこれを習う、またよろこばしからずや」という有名な一文。中国語で書くと「学而时习之 不而说乎」。すばらしい!

+1

中国簡体字で入力

中国語関連のブログがなかなかかけなかった理由の一つは、キーボードを中国文字に切り替えられなかったから。前にやってみたら、メーラーの表示とかも全部中国語になってしまい、先生からは、「そのほうが勉強になっていいじゃない」と言われたものの、やはり無理!と思ってあきらめた。今回あらためてウェブで調べて、やってみたら、中国語はすでに「キーボードで使える言語」として追加してあった。そして、切り替えは下段のメニューで簡単にできることがわかった! これからは中国語のレッスンがあった日には、中国語に関するブログを書けたらいいなあと思う。とりあえず、今日は、昨日のレッスンで習った、すごく簡単な表現なのに、知らなかった「食欲がない」という意味の「没有胃口」という言葉を書いてみて、覚えるようにしよう(ピンインは2343)。こういうとても日常的なことすら中国語で言えないというのは困った問題。それから、ブログにつける画像を考えたけれど、思いつかず断念。

0

中国語と漢文

学生時代、習っている「漢文」が昔の中国語だという認識すらなかった。中国語を習いだしてから、それを知った。もちろん現代の中国語とはずいぶん違うのだけれど、昔、習った気がする漢詩を中国語で(現代中国語の発音)で読むとおもしろい。そしてさらに、あの時代にはどう読んだか(当然発音は違う)、ということを研究する学問があることも知って、さらに興味を持った。いろいろ調べたい。今日はとりあえず、ブログに新しいカテゴリー「中国語」を作ったので、何か書いてみた。

0