トースターオーブンでパンを焼く

この間つけ爪を貼り替えるタイミングでパンを焼いた。(やはりつけ爪のついた手では、パン生地をさわりたくないし、ゴム手袋で料理するのはあまり好きじゃない)。強力粉100グラムで作るミニパン。今回は前の日の夜に生地をこねて、冷蔵庫で一次発酵をする「オーバーナイト」法というのを試してみたけれど、うちの冷蔵庫の野菜室は寒すぎるらしく、まった発酵せず、結局日なたに放置して発酵。でも、二倍にはどうしてもならない。それでも焼けたら結構ふわふわでおいしい! なんといっても簡単に作れるからいい。二つ食べて残りは冷凍。一個につき10秒ぐらいで電子レンジで解凍すると、ほぼできたてに戻る。焼いた本人以外は「ん? 何も味がしな~い」と思うようなパンであることはわかっている。それがパン作りの「魔法」――自分で焼くとなんでもおいしい!

(続報)「トースターでパンを焼く」動画をYouTubeにあげました。別のブログからリンクが貼ってありますので、ぜひご覧ください。(20191026)

+1
カテゴリー