折り紙ミニチュア図書館から第二弾

インフルエンザ発症から10日経って、やっとベッドから一日中出ていられるようになった(ソファーではできるだけ「縦」になっている)。まだ頭痛と吐き気、疲労感はあるが、先週から比べるとすごく楽。でも治りが遅い。実に遅い! 歳は取りたくないもの……そう言ってしまったらおしまい。ほかにも健康の問題は増えていく一方なのだから。できるだけ「現状」維持して、その間にやるべきことをやるようにしよう……という「希望」は持っているけれど、なにより「先延ばし症候群」が大きな障害になっている。救いようがない。

このインフルエンザ闘病期間に、ベッドで折り紙を使い果たした原因は「図書館の増設」。三段だった本棚を四段に、それにともなって30冊本を増やした。前に作った時、本棚の寸法を適当に目分量で決めたので、再現がむずかしく、同じものをいくつも作る場合は「ぐらい折り」は要注意だなと思った。

「図書館」と呼ぶにはまだまだ蔵書量が足りないなぁ……。

あ、前に撮った写真は全体が写っていなかったから、増設したことがわからない……うむ……。

+1

“折り紙ミニチュア図書館から第二弾” への1件の返信

コメントは受け付けていません。