古琴を楽しむ~その四

最近、古琴ブログが途絶えている。4月からレッスンを休んでいるので、新曲が習えない。だから新しい話題がない。最後に習ったのは『大胡笳』。でも、待てよ……この曲はそもそも最後まで先生にチェックしてもらっていない! お手本をビデオに撮らせてもらっただけ。先生も暗譜が完全ではなくて、楽譜「ガン見」で弾いてくださったのを撮影した。

これまでで最長の曲で全部弾くと20分くらいかかる。YouTubeにも全曲を弾いた動画はあがっていなくて、「完成品」を聴けないから練習するのがすごく困難。でも、とてもいい曲(今日、これから練習しよう!)。この4か月繰り返し弾いて一度は暗譜できたけれど、ほかの曲を忘れそうになって、そっちを弾いていたら、この難曲はスルスルっと記憶からこぼれ落ちていった。

『大胡笳』をほっぽりだして、練習してしまったのは、すっかり記憶から抜け落ちていた『鸥鹭忘机』『梧叶舞秋风』。二曲とも新曲と同じ感覚で、ゼロから学び直し。前者はYouTubeですごくいい演奏を聴いて、どうしても弾きたくなった曲、後者は前にも書いたけれど、軽やかで、気分転換をさせてくれるような曲。どちらもまだ楽譜を「チラ見」しないと弾けない! がんばれ私!

さあ、あまり夜がふけないうちに、練習をしようっと!

+1